About us of KEEP SMILING PROJECT

プロジェクト立ち上げの背景

2011年3月11日、未曾有の東日本大震災が起こりました。この震災における被害状況は今までに我々が経験したことのない、想像を絶するものとなってしまいました。メディア等によると、今回の被災地復興には阪神淡路大震災以上の長い時間を要することが想定されています。

幸いなことに我々関東近郊に住む仲間たちは皆無事でありましたが、友人・知人の中には被災エリアで生活している人たちも居ります。我々は、なんとかして被災地の方々の力になりたいと考えてきました。皆、被災地へ赴き、ボランティアとして参加したいという思いはあるものの、皆それぞれ日々の仕事があるため、現地に赴いての支援はなかなか難しい状況にあります。

今私たちが出来ることとなると、被災地で支援活動を行っている災害支援団体に対しての寄付を通じて、被災地の方々を支援していくことではないかと考えました。私たちの周りには、幸いなことにオープンウォータスイム及び水泳を通じて、この企画に賛同してくれる志の高い多くの仲間たちが居ます。この仲間たちと力を合わせて、“私たちだからこそ出来ること”として、「KEEP SMILING PROJECT」を立ち上げました。

まだ立ち上げ初めで、大きなことを言うのはおこがましいですが、この「KEEP SMILING PROJECT」は短期的なプロジェクトではなく、永続的に実施していき、東日本大震災による被災地の支援をしていき、被災地の復興後は、国内外の困難な状況にある人々を支援していくための力になっていきたいと思っています。

プロジェクトの目的

計画停電、節電等の二次災害の影響は受けているが、直接の被害にはあわず、泳ぐことが出来るという環境にいる私たちだからこその実現可能なチャリティーイベント(練習会、ビーチクリーン等)を行い、実際に現地で支援活動を行っている災害支援団体に対しての寄付を通じて、被災地の方々を支援していきます。

また、本プロジェクトは短期的にではなく、永続的に実施していき、“私たちが出来ること”によって、“笑顔の絶えない=Keep Smiling な世の中”構築に少しでも力になれるよう支援していくことを目的とします。

内容

プロジェクトは以下の流れで進めていきます。

KSP_Flow.jpg

Ⅰ.チャリティーイベントの開催
-チャリティーイベントは、KEEP SMILING PROJECT TEAMとともに、水泳・オーシャンスイムイベントのノウハウに熟知した本プロジェクト協賛団体「株式会社オーシャンナビ(LinkIconhttp://www.ocean-navi.com/)」と共同して実施します。
-参加者様の安全面を考え、監視等、最善の安全対策を行います。-イベントの内容は、練習会、リレー、ビーチクリーン等、参加人数に合わせた形で開催します。

II. チャリティーT シャツの作成
-本プロジェクトではチャリティーT シャツを定期的(年1、2回)に作成し、練習会にて販売いたします。
-T シャツは練習会でだけでなく、本ホームページ、株式会社オーシャンナビのホームページを通じて販売していきます。
-T シャツ制作費は、可能な限りスポンサーにご協力をいただき、参加者様の賛同支援金への影響を抑えていこうと考えています。

III. 支援先団体
KEEP SMILING PROJECT では、東日本大震災の被災地の復興に微力ながら力になれるように長期的な視点で継続的に支援をしていきます。また、東日本の被災地の復興が達成された後も、国内外の被災地に対する支援を、寄付を通じて行っていきます。

イベント収益と寄付の流れ

練習会、Tシャツ及びスポンサーの方々からの賛同支援金は、Tシャツ制作費、運営管理費(サポートスタッフ費、サイト運営費等)を除き、すべての収益を災害支援団体へ寄付いたします。

プロジェクトの収益、寄付状況はお金の流れの透明性を図るため、本ホームページの「Cash Report」にて公表していきます。